FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新人を見に来たよ

サビちゃんのフィーヴァーがすごいので 今日は一休みです。


ワクチンを打ったので 今日は静かにそっと休ませて上げていたので写真を撮りませんでした。


ムギは今日もササミはまだか?とパトロール中です。


1120071126.jpg

新人猫がくると どこから聞きつけたのか 必ず外の子が見に来ます。


黒ちゃんがきていました。


2220071126.jpg


なにやらムギと話しています。


そういえば 黒ちゃんはテトさんも見たことないよね?


遠くからみたことあるのかな?うちの障子ボロボロで中が丸見えだものなぁ~

33020071126.jpg


そのころ テトちゃん 二階で寝ていました。


どうやら寝坊しちゃったみたいです。


4420071126.jpg


急いでいけばまだ ひなたぼっこしてるとおもいますよ?


5520071126.jpg


黒ちゃん 日向が気持ちよいので ずっといました。


テトちゃん見知らぬ猫に興味津々です。


6620071126.jpg


顔がでかいって・・・


7720071126.jpg


怖いもの知らずの末っ子パワーで みんなタジタジですね。


サビさんのお問い合わせや質問 意見などで 20件ほどのメールをいただいています。本日返信いたしますので しばらくお待ちくださいね。


ワクチンをしてから避妊という話ですが うちの行きつけの先生はワクチンをしてからじゃないと避妊手術はしませんといっていました。なにかあったときに 入院ができないから たくさんの猫と触れ合う獣医さんなので ワクチンを打ってからじゃないとダメみたいです。


ワクチンを打った時点で 妊娠しているか?していたら早期なら中絶も可能で 様子をみなければ何ともいえないとのことです。いずれにせよ 今後の様子をみてみようとのことでした。


妊娠は 今後体重の増加を注意してみてくださいとのこと。


現在 子供を産ませて他の里親募集のチャンスを奪わないでくださいとか 産ませてあげてくださいとかいろいろな意見をいただいています。


正直私達は 専門家ではないため どうしても行きつけの獣医さんとの話でやっていくしかありません。


私達は ボランティア団体ではないため正直にいうと 至らないところだらけですしサポート体制もできていないので個人では限界もあります。完璧にはできません。間違った判断もおおいです。


拾ってきて里親募集をしている子たち(テト・三毛姉妹を除く)は みんな笠間市から保護しました。(ぴんがの職場)


ご存知のかたもいるとおもいますが 茨城県の保健所(動物指導センター)のある市です。そのため猫嫌いのひとはすぐに あそこ(保健所)へつれていけばいいや となります。緊急をようする保護です。


いろいろと至らないところがおおいとおもいますが これからもみなさんの助言をいただけたら嬉しく思います。



。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。

ランキング参加中です
いつも応援ありがとうございます!


人気blogランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ



2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。


| 茶トラ猫はちわれ猫 | 04:02 | コメントを書く:36 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT

…難しいですよね。今回の展開。

ワクチンのことも、「大丈夫」のコメントもありましたが、これも
専門家同士でも意見が分かれるようですし。
(人間の妊婦のインフルエンザ接種も、先生によって意見が違います)
実は私も昔は“打つ側”の立場にいまして、ワクチンひとつで
どれだけの命が助かるか、と、接種を勧める勉強をいっぱいしました。
ですから、ワクチンの有効性への疑問や、公表されていない重篤な副作用について
初めて聞いたときは、正直「このひと、自然療法に傾倒しすぎなのでは?」と
疑いながら聞いたものです。
その後、双方の言い分をしっかり勉強した上で、私はワクチンとは
別の予防法を選んだわけですが。猫も人間も。
(猫には義務接種のワクチンはありませんし、人間の子どもの
ワクチン接種も現在は義務ではないので、違法行為ではありません。
病気の予防については、ワクチンとは違う方法で、専門家の指導のもとで行っています)

それから、ひとつ気になったことが。
「子供を産ませて他の里親募集のチャンスを奪わないでください」
というご意見があったとのこと。
妊娠中の猫の保護については、このご意見、多いですよね。
ですけれど、こうしたお考えの方に、伺いたいのです。
「あなたが目指すのは『保健所で処分される猫の数字を減らすこと』ですか?
それとも『人間の手で命を奪われる猫の数を減らすこと』ですか?」
お腹の赤ちゃん、今、もう立派なひとつの命なんですよ。
確かに、まだ外の世界では生きられないですけれど、でも、
母親の体の一部ではなく、独立した命です。
産まれてきた子猫を保健所に持ち込めば「処分」ですけれど、
お腹の子猫を中絶すれば「手術」ですから、処分数は増えませんよね。
でも、「人間に殺された猫」の数は変わりません。
(誤解のないよう申し添えますが、これを承知の上で、それでも
「生まれてくる子猫への責任を負いきれない」と、苦渋の決断で
お腹の命をあきらめる選択した方を非難するものではありません)
そう考えると、
「子供を産ませて他の里親募集のチャンスを奪わないでください」
というのは、
「猫を保護して他の里親募集のチャンスを奪わないでください」
と同義語だ、と私は思うのですが、いかがでしょうか?

| 猫ABCDの母 | 2007/11/26 04:52 | URL | ≫ EDIT

子供を産ませるということは、他の保護猫ちゃんのチャンスを奪うことに
なってしまうんでしょうか。
私は、今現在そういう活動をしていませんから
偉そうなことは何一つ言えません。
たくさんの猫ちゃんたちを保護してる人たちからみたら
確かにそうなのかもしれません。
ただ、綺麗事を言うようですが
猫ABCDの母さんがおっしゃるように
お腹にいても、命は命だとは思います。
これは、母親の性なんでしょうかね(苦笑)

私は、ぴんぐさんが保護された猫ちゃんたちについては
ぴんぐさんが判断されればいいと思います。
「何が正解か」なんてわからない。
その場その場で「これがベストである」と思える方法を
考えていくしかないのではないでしょうか。
何をどうしようと、必ず反対意見は出ます。
信じられませんが、保護活動そのものに文句を言う人もいるくらいですから。
何もできない私としては
ただただ、猫ちゃんたちやびんぐさんぴんがさんの幸せを
心から祈るだけです。

風邪が流行っています。
ぴんぐさんもぴんがさんも、お体に気をつけてくださいね。

| mike | 2007/11/26 07:22 | URL | ≫ EDIT

テトちゃん、、、あんなに、警戒してた猫ちゃんだったのに!!
ぐいぐいと、黒猫さんに向かって行ってます。それも喜んでとお見受けします。
あのときもしぴんぐさんとぴんがさんが保護に向かわなければ、
体調を崩したときに、入院させてもらわなかったら、
氷のような心は、人だけでなく、他の猫を信頼することも甘える事も、猫生が楽しい事も知らないまま、この世から旅立っていたかもしれません。
心って、本当に人間だけじゃないってわかってますけど、こんなときに実感してしまいます。
サビちゃんの、広がる疑惑(?)が今後どのように展開するか、神のみぞ知るところですが、
サビちゃんは寒い冬を目前に、助かりました。もしかしたら、さらに小さな命たちも助かったのかもしれませんし、元々サビちゃんだけだったかもしれません。
でも命は数じゃないですよね。一つでも100でも同じ重さです。
私たちは私たちが出来る事しか出来ないけど、出来る事は、素通りせずにやって行きたいですね。ぴんぐさん、ぴんがさんのように。

| ちびすけ | 2007/11/26 07:26 | URL | ≫ EDIT

難しい問題ですね。
まだ、妊娠と決まった訳ではありませんが・・・
ダニの事ひとつでも、人それぞれ意見が違うのですから、ましてや命の事。
どんな決断をされるにせよ。
安易にされたものではないはずです。
コメント書くだけで力にはなれませんが、応援してます。

| しましま | 2007/11/26 07:45 | URL | ≫ EDIT

サビちゃん問い合わせのメール来てるんですか?
良かった~妊娠の可能性があっても受け入れてくれる人もいますよ♪

命に関しては…
これが正しい答えだ!なんてないと思います。
私は何度も猫の出産に無理矢理立ち会わされたので『産む』を考えるけど…
こんなに痩せてて母猫の栄養面や成長具合を考えれば中絶は母猫のためかもしれません
まして妊娠期間中は仔猫に栄養がいき、母猫の体調が崩れる事も容易に考えられるのではないでしょうか…
万が一そうなれば仔猫どころか母猫も危険だと思います

昨日コメント書いてから考えて、母猫の事も考えれば『中絶』もありかと思います。

| ななお | 2007/11/26 08:24 | URL | ≫ EDIT

びんぐさんとびんがさん、色々な意見があり動揺されることと思いますが、ご自分たちの信じられるままに進められればよいと思います。お体に気をつけて頑張ってください。

| つるつる | 2007/11/26 08:55 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/11/26 09:10 | URL | ≫ EDIT

命に関わる決断はとっても難しいことではありますよね。
どんな問題にでも人それぞれが自分の意見を言うときはその人自身が生きてきた背景や環境なんかによっても異なってくると思います。
ですからどんな決断をされても大なり小なりの反論・異論は出ます。

ただ一ついえることはびんがさんも、びんぐさんも今までの”はちわれ園児達”との触れ合い方、お世話の仕方は私たちが一番見てきたはずです。
その行動に己の欲望やエゴなどは無かったはずです。
純粋に自分達の仕事や生活やお金を削って精一杯対応されてきたはずです。
愛情がいっぱい溢れていたはずです。

そのお二人が苦渋の決断をされたことは異論はあったとしてもそれは個人個人が心にとどめておくべきと思います。
過去の経験談や医学的な参考意見として伝えることはあっても、そこに自分自身の思いや願いは抑えた方がよいように思います。
その思いはお二人が誰よりも強く持ってらっしゃるはずですから。
最後までお二人の行動を信じてあげたいと思います。

| しんのすけ&大和の母ちゃん | 2007/11/26 09:32 | URL | ≫ EDIT

大変そうですね><

でも、船頭多くして・・・の例もありますから
自分の信念を大事にがんばっていくしかないですよね^^
かかりつけ医さんと二人三脚。
とてもすばらしいことだと思います。

どんな状況であっても命をひとつでも多く救いたいのは
誰だって同じ気持ちだと思うので
どなたの意見も猫達を思っての声ですよね
意見の違いって難しいですが、いろんな意見が
書き込まれるということは、それだけ認められているのですよね。
すごいことです!

コメント忘れそうだった・・・
テトさん勇気凛々ですねっ
黒猫さんの「いまどきの若いもんは・・・」という心の声が
聞こえてきそうです♪

| きょこやん | 2007/11/26 09:35 | URL | ≫ EDIT

ぴんぐさんご夫妻はごく一般のご家庭でNPO団体でもなく、
たまたま多くの捨て猫を保護してらっしゃるだけであり、
それぞれの考えがある「保護」について「おのれの正義感」を押し付けるものでもありません

産ませても産ませなくても文句言う人はいるでしょう。
何のかかわりもない遠くで一言モノ申すことほどラクなことはありません
産まれた仔猫全部面倒見るわってことなら別ですが、そうじゃないですよね
人間のセンチメンタリズムなんかじゃ解決にはなりません

ちゃとらとはちわれファンならば、どのような決断でも信じて見守ることが、
ぴんぐさんご夫妻にとっても、サビ猫ちゃんにとっても
一番暖かい言葉じゃないでしょうか

| ぐーやま | 2007/11/26 09:53 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~!
テトちゃんの成長を感じさせる写真ですね~♪
保護当時はホント警戒心が強かったのに。。。
人間同様、猫も成長が著しい時期なんですね^^

サビちゃんの妊娠って確定ではないんでしたよね?
可能性が高いって獣医先生はおっしゃってたんでしたよね??
今はサビちゃんのダニ退治と健康な体を取り戻すのが一番!
妊娠している・していないに関わらず
さまよってたコを保護して里親さんを探してあげようって思う
ぴんぐさんぴんがさんにはホント頭が下がります。
私も専門家ではないので意見はできませんが
かかりつけの獣医先生とよくご相談されての結果が今だから
それが今できるベストなんだと思います。
寒くなって猫たちの体調変化も出てくると思いますんで
十分に気をつけてあげてくださいね~

| Megu | 2007/11/26 10:33 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。いつも読ませて頂いてます。
いろんなことがあってお疲れのようで、それが心配です
公開のブログだからいろんな意見が来ちゃってたいへんですよね
心身ともに、お疲れがすぎませんよう祈ってます。

| かすみ | 2007/11/26 10:46 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/11/26 11:49 | URL | ≫ EDIT

いつもいつもぴんぐさんご夫妻の行動には頭が下がります。
遠い場所でひたすらお二人の活動を見守るだけにとどまる
私としては、とにかくお二人が納得していれば良いと思います。
人間の意見なんてそれこそ星の数ですものねー。
無視はできないけど全部取り上げることはできないし。
ここを見ている方なら、ぴんぐさんが伊達や酔狂で
こんな活動をしているわけじゃないと理解していると
思います。(だからこそ真摯な意見もでるのでしょう)

ムギくん見るとホッとしますね。
基本的にぽぽさんファンですが、マイペースな
ムギくんにも心を奪われる今日この頃です^^*

| ひなた | 2007/11/26 12:01 | URL | ≫ EDIT

テトちゃんのムッスー顔がたまらなく好きです( ^ω^)
黒ちゃん相手に言いたい放題でしたね(笑

チャンスを奪うですか・・・。
確かに現在里親募集しているヒトは数多く居ると思うんですが、それは違う気がします。
何故チャンスを奪う?それはお腹に赤ちゃんが居たら殺せという事なんですか?
その意見をおっしゃった方がもし、現在里親募集中であればもの凄く残念でたまりません。

せっかく命を助けようとしてる行動が矛盾へ変わりますから。

ぴんぐさん、ぴんがさんは常に尊敬すべき行動を取っていると思うんです。
何万といる捨て猫達が居る中で、これだけの行動を起こしてくれている方も居るというのに。
まるで“邪魔”扱いされたのが悔しくて仕方ないです。

| mitsuba | 2007/11/26 13:01 | URL | ≫ EDIT

初めまして。
ずっとブログを楽しませていただきながら、
コメントせずにおりました。

ぴんぐさんやぴんがさんが獣医さんと相談されて決める事です。
どちらの意見も正しいんです。
野良猫の活動をされている方とそうでない方とでも
意見が全然変わってくるでしょう。
自分が理解できない他人の意見を真っ向から非難しても仕方がありません。
もし、ぴんぐさんやぴんがさんがサビ猫さんの出産という道をお選びにならなくても、
それが今までの活動を否定するものでは決してありません。

| chatorazuki | 2007/11/26 13:54 | URL | ≫ EDIT

毎日拝読しています。
ぴんぐさん、ぴんがさんの奮闘ぶりには本当に頭が下がります。
私はこの夏、近所に出没するようになった三毛猫2匹が妊娠していることに気づき、ボランティアさんに協力いただいて不妊手術を受けさせ、地域猫さんとしてリリースしました。
すべてが私には初体験でした。我が家では、他の家族がみな動物嫌いなため、自分で飼うこともできず、2匹を短期間でも自宅で保護することもできず、私自身、里親探しまでする根性もなく、リリースしましたが、本当に猫好きの方々には、中途半端で無責任と非難されるかもしれませんね。
でも、2匹はすでにお腹が大きく、また若いため、この先、何匹の野良猫が誕生してしまうだろう、とりあえず不妊手術だけでも、という考えで行動しました。
世間には何も行動を起こさず、他人を批判するだけの人もいます。

>もし、ぴんぐさんやぴんがさんがサビ猫さんの出産という道をお選びにならなくても、
>それが今までの活動を否定するものでは決してありません。

というchatorazukiさんのご意見に私も賛同します。
というより、胎児まで救わなくてはならないと考えると、野良猫救済活動を長期に安定的に継続する上で心理的・経済的負担が大きくなりすぎる思います。
どこかで線引きせざるをえません。
仮に5~6匹の仔猫が誕生したとして、そのすべてに里親さんを見つけてやるのは簡単ではありませんよね。里親さんが見つからなければ、心やさしいぴんぐさん・ぴんがさんは、またご自分たちで育てようとお考えになるかもしれません。
でも、頑張りすぎてしまわれるのも、私などは心配なんですよね。
いえ、ぴんぐさん・ぴんがさんはいつも冷静で、けっして無理なことはなさらないとは承知しておりますが。

話を戻しますが、私の場合、リリースした2匹に餌やりを続けていますが、近所にはそれすら容認しない住人の方々もいて(猫好きの方々も多いですが)、毎日気を遣いながら、できるだけ目立たないようにしています。いちいち「この猫たちは不妊手術済みです」とも説明できませんし。

飼い犬だって、散歩途中の糞の始末はまあ合格点としても、オシッコの問題は残りますよね。飼い主はオシッコには申し訳程度にペットボトルから水をかけるくらい、それすらしない飼い主も多いですから。

なのに、糞尿被害というと野良猫ばかりが悪者にされて。

人間だって車に乗れば排ガスを撒き散らすのだし、タバコを吸えば副流煙で他人の健康を害するかもしれないのに、とため息つきつつ思います(笑)。

長々と書いてしまい、すみません。
ぴんぐさん、ぴんがさん、本当にありがとうございます。
モカさん、ムギくん、ぽーちゃん、そして新顔猫さんたちが健康で長生きしますようにv-238



| 通りすがり | 2007/11/26 15:05 | URL | ≫ EDIT

うわぁ~
みなさんコメント長いですね
それほど猫が大好きで観てみぬフリできない内容なんでしょうね
私はぴんがさんたちのように冷静になれないのでだめなんですが
赤ちゃんについてはその時の状況で決めたいと思います
教科書のように全て完璧に進むことでもないでしょうし
っていうかいろんな意見があるんですね
勉強させてもらいました

| nekoyama | 2007/11/26 15:30 | URL | ≫ EDIT

ご無沙汰していました。
サビちゃん妊娠の可能性ですか。。。
大変なことになっていたんですね。。。
でも、すごく難しい問題ですよね。。。
一番の理想は赤ちゃん産ませてあげて親子で里親さん見つけられたらいいとは思いますけど・・・
でも、私も実家にいたころは何度か猫の出産に立ち会いましたが、子供を産んだ母親ってすごく神経質になってしまって、ちょっとしたストレスで子供を運び出してしまったり、先住猫さんがいる状況だとお互いにストレスがかかってしまうかもしれないし。。。
実際にストレスなどでかはわからなかったですが育児放棄をしてしまったときも何度かあり母がミルクで赤ちゃんを育てたこともありました。
でも、人間が猫の赤ちゃん育てるってすごく大変なことなんですよね。。。命を落としてしまった猫もいました。。。
実際、虎桃も初めてあったのは生後1週間ぐらいのときで保護主さんはすぐにでも引き取ってほしいという状況でしたが、私は最低でも一か月か2か月は経たないと引き取ることは無理とお伝えしました。この私の行動が無責任だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は赤ちゃんを育てることが大変なことだとわかっていたから、逆に簡単に引き取って無知な私が育てたせいであの子たちの命を奪いたくなかったからです。
ぴんぐさんぴんがさん、大変でしょうがどんな決断をされても応援していますので、私に出来ることでしたら微力ながら協力させていただきますので・・・

| komaneko | 2007/11/26 16:13 | URL | ≫ EDIT

さすがのムギちゃんもクロちゃんには丁寧ですね。
「よう!真ん中わけ!」は医龍の徹平君みたいで笑いました。
テトちゃんのムッスー顔と物怖じしない行動力は可愛くてスゴイ!これもちゃとらはちわれ幼稚園の教育のお陰ですね。
うちの7ヶ月ボーイはビビリッち猫で困ってしまいます(笑)

またバトルになりそうな問題が始まりましたね、皆さん意見は様々あるかと思いますが、今までこのブログを見て来てお二人の猫に対する気持ちは充分理解していると思うのでお二人の判断にお任せするのが一番かと思います。

| オレンジイルカ | 2007/11/26 16:20 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~。下の記事もコメントも読ませて貰いました。
ほんとにびっくりな展開になっちゃって・・・。まさか妊娠って!!
妊娠してる子にワクチン打ったらどうなのかは私はまったく詳しくないのでわからないけど・・・。でも子供を産ませて他の里親募集のチャンスを奪わないでくださいって言う意見まであるんですね・・・。でももし早期なら中絶もありえる話だとも思うんです。いろんな意見があると思うけど最終的にはぴんぐさんたちで決めていいと思う。これだけの人がいたら絶対意見なんて分かれるんだし!なにより母体が大切だもんね。
下のダニの写真見てしまいましたーもう頭から離れない(笑)
テトちゃんの見せてーってズイズイしてる後ろ姿とっても可愛い!

| ちか | 2007/11/26 16:47 | URL | ≫ EDIT

テトちゃん、伸びをしてあわててクロちゃんに会いにいったんですね♪
クロちゃんと会えてよかったね、テトちゃんw

ぴんぐさん、ぴんがさん、お二人が考えたことを選択すればいいとおもいますよ♪
みんな、その時々にいろんな選択をしなければいけないけれど、人は「そのときにできる精一杯のいい選択」をするとdigiは思っています。
いろんな意見に耳を傾けることも大事ですが、
最終的には「自分のココロの声」を信じていいと思います。
お二人を応援してるからね♪♪

| digital pad | 2007/11/26 16:54 | URL | ≫ EDIT

またまた難しい問題になってきましたね。
さまざまな意見があるかと思いますが、
ぴんぐさん&ぴんがさんが獣医師と相談した上で
サビちゃんにとって最良の選択肢を選ばれることと思います。
私は、お二人の猫への愛情を尊重したいと思ってます。
コメントだけの応援で歯がゆいのですが、頑張ってください。






| ぷーの妹 | 2007/11/26 17:12 | URL | ≫ EDIT

気の利いたコメントは出来ませんが
幸せを祈っています。

| くう | 2007/11/26 18:22 | URL | ≫ EDIT

テトさん、ますますかわゆい~(^o^)
ちゃとらはちわれ保育園は本当にみんな仲良しですね♪

さびネコちゃん、びっくりですね。
皆さんがおっしゃられているように、ぴんぐさん、ぴんがさんと
獣医さんが相談なさって一番良いと思われる対応がベストなのだと思います。
本当に頭が下がります。

| jun | 2007/11/26 19:05 | URL | ≫ EDIT

バタバタしていて久々にお邪魔しました~

ん?
いつの間にやら増えてる…!!(゜Д゜)
そして、お母さんにゃんかも??

はじめまして!そして、いらっしゃ~いv
トーティロングにゃん♪(*´ω`)


黒ちゃん、フレンドリーですね~w
窓越しに見つめ合うにゃんズ。かわいい…♪

| アスカ | 2007/11/26 19:25 | URL | ≫ EDIT

ねこが嫌いという感覚がわからない。。。昔アパートに住んでいて洗濯機を置く場所がベランダでそこに猫がマーキングしていくのでむかついて仕方なかったけど嫌いという感覚にはならなかった。尿のにおいがすごくてそのこと自体はすごくすごく嫌(いや)だったけど。ねこが嫌いってほんとにどういう感覚かわからない。嫌い→死ねばいいっていう感覚も心底わからない。

| ちよまる | 2007/11/26 20:11 | URL | ≫ EDIT

テトちゃんのちっさいノビが
たまらなくかわいいですねぇ!
お客さんがお外に来るとみんな集まってくるんですね。
でも威嚇したりするこはいないんですか?
もうみんな顔見知りなのかなぁ。
サビちゃん、ほんとに赤ちゃんいるのかなぁ。
もし私がそんな猫ちゃんを保護したら、と思うと
とっても難しい決断だと思います。
正解って、ないような気がする。
だから最良とぴんぐさんぴんがさんが思える決断なら
でもどんな決断でも応援しますよ。
私だったら、決めることも出来ないかもしれない・・・。

| 「はたらくネコ。」の同居人 | 2007/11/26 20:29 | URL | ≫ EDIT

今日は忙しい1日だったからおじゃましてパワーもらいました!外猫の問題はこれが正しいとは言えませんね。ただ、嫌いだから保健所に持っていって、あーすっきりしたと言うような人間は近所にいて欲しくないです!
これからも自分を信じていって下さい。現実はきびしいですが・・

| タカ | 2007/11/26 20:34 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/11/26 22:13 | URL | ≫ EDIT

花火関連の表現で最近、土浦市と知りもしやご近所と知り、一段と親近感が増した猫好きです。さて、
>茨城県の保健所(動物指導センター)のある市
というのは、自分が医療関係の仕事をしている以上、語弊があるというか、誤解を招くかと思いましたので一言。

茨城県には12箇所の保健所がありますが、それらと笠間市にある動物指導センターは、人間の医療圏の監督としての業務内容と、動物愛護に関する業務とは異なりますので、何でも“保健所”というのとは違うのではないかと思います。実際、私の職場でチビ猫さんが保護された時にも、保健所に連れて行かれる!という騒ぎになったものの、職場地域を管理する「保健所」ではなく、笠間の動物指導センターへ連れて行くというお話でした。茨城県の担当部署も保健福祉部内で、人間と動物で明らかに異なります。

(職場のチビさんは、私が撮ったデジカメ画像を見せ回って、もぅすぐ保健所に連れて行かれるかわいそうな子!と主張した結果、1時間後に無事飼い主を見つけることができました。)

都道府県により、「動物管理センター」「動物保護センター」というネーミングが異なりますし、運用も違うのではないかと思いますので、つい一言書かせて頂きました。動物収容がすべて「保健所」であればこれもよけいな一言かとは存じますが。

| kemineko | 2007/11/26 22:33 | URL | ≫ EDIT

今回ばかりは何らかの決断がいりますね。個人的には全頭飼う経済力がないなら中絶すべきとは思います。最初から里子に出すつもりで子猫を産ませるのは保護する事とは全く違うと思いますので

ところでこういう時だからこそ常連の皆さんのコメントはよいですね

通りすがりさんへ一言
自分の家族にさえ全く理解されてない事をどうお考えですか? ましてや他人に理解してもらおうなんて甘いです。まず家族1人でも説得するのが先では

| クキ | 2007/11/26 22:54 | URL | ≫ EDIT

難しい問題ですね

サビちゃんが妊娠していたら・・・
その後の事や色々な問題があると思います。とても難しい問題だと思いますががんばって下さい。そして出来れば避妊手術をして欲しいと思っています(うちの猫は乳がんでなくなりました。避妊手術をしていたら発生率はもっと下がっていたらしいとのお話を聞きました。だから尚更そう思うのかも知れません)
猫が嫌いだから保健所にという話は辛いです。
野良猫ちゃんにワクチンや虚勢手術をしている人もいる中そんな理由で保健所に連れて行く人もいるのですね。
保健所がどういう所なのかきちんと知って欲しいと思います。

皆が幸せになってくれる事を祈っています。エゴかもしれないけど…

テトちゃんの可愛いお顔を見たら元気わけて貰いました。
相変わらず可愛いですね。人見知りしないのがすごいです。

また遊びにきますね。

| 空 | 2007/11/26 23:49 | URL | ≫ EDIT

クキさんへ

私の家族は動物を虐待するわけではなく、ただ動物嫌いなだけです。自宅でペットを飼う気がない、というだけのことです。
何かを嫌いな人に「それを好きになるように」と説得できるとも、したいとも思っていません。

また、私は野良猫の救済について他人の理解を得ようと、活動しているわけでも(今のところ)ありません。

「甘い」とか甘くないとか批評されても困惑するというのが、正直な感想です。

ぴんぐさん、ぴんがさん、こちらのコメント欄で議論めいた書き込みをしてしまい、申し訳ありません。
不適切でしたら削除してください。


| 通りすがり | 2007/11/27 00:49 | URL | ≫ EDIT

もし妊娠していたとしたら、おそらく始めての妊娠だったのでしょうね。
この寒空の下、まだ完全に成熟していない身体で・・・
そういう子たちが、お外にたくさんいる現実は、たまらないです。
そんな現実に手を差し伸べて、ベストを尽くそうと努力されていることが、
まずかけがいのないことだと思いますよ(^^)。

| すかぽん | 2007/11/27 01:01 | URL | ≫ EDIT

初めてコメントします

私はムギちゃんファンで、ムギちゃんの悪い顔?する時が
大好きです♪役者さんみたい^0^

テトちゃんも可愛いですね。

私が、猫アレルギーがあって
完全室内飼いで、猫ちゃんは飼う勇気がないのですが
こちらのブログの大ファンで毎日欠かさず見ています。
テトちゃんやモカちゃんが以前飼っていた猫にそっくりで
自宅のほかに猫ハウスホームセンターで買って、6畳間を買ってきてを育てていましたが、
みんなのいる家の中に入れられなかったので、
可愛そうな想いをさせてしまって。。。
外のハウスで柴犬と一緒に住んでた猫でしたが、11歳の時に
そこかの、外猫がプレハブハウスに侵入していて、喧嘩をしてその怪我が元で亡くなったんですけど
モカちゃんを見ると
思い出して(顔がそっくり)泣けてきます、

ピンガさんご夫婦の優しさに頭が下がります、
優しい方に沢山の猫ちゃんが幸せをつかんでくれるのを
心から祈っています。



| モカ♂ママ | 2007/11/27 02:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mochamugi.blog88.fc2.com/tb.php/361-80a0c940

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT